映画「12人の死にたい子どもたち」感想

Featured Video Play Icon




面白かった。

小説は未読です。

怖かったらどーしよーと思っていたけど怖くはなかった。

ピタゴラスイッチ的な殺人計画見るの楽しいですね。

エンディングで見せてくれるのもありがたい。まあ、実際はこんなの無理だろうけど、それを言ったらこの計画自体無理か。

最後、みんなが挙手するかというのも、実際怪しくはある。

死にたい人の絶望って、話して楽になるようなもんじゃないと思うから。

でも、フィクション作品としては、死をタイトルにもつものは、前を向くのが正しいと思う。

全員死ぬのが見たい!という人はミッドサマーとかそういうの見てればいいから。

北村匠海さんの、メガネなくなったバージョンが男を上げすぎていて、オオ、ってなった。

あと真剣佑さん演技上手いね。顔がキレイ過ぎて役柄の邪魔になってる気もするが。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です