ゆるりまい「わたしのウチには、なんにもない。 」感想




 


イラストエッセイでさらりと読めてしまって、
少し物足りなかったかも・・・

もうちょっとゆるりまいさんのおうちの写真
持ち物の写真が欲しかったなと・・・

なんでかというと、片付け系の本とかで面白いのって
「読んだだけで片付けた気になる」
ものだと思うのです

kannnonn.com

私は最近こちらのブログが好きなんですが
メインは買ったものの紹介
でも、すべての買ったもののカテゴリが
私の興味のあるカテゴリではないのです

それがなぜ面白いか?
というと「買った気になる」からだと思うのです

買って使う、その流れを1写真につき、1センテンスで見せてくれる
(いいパワーポイントの画像と同じ)ので
「買った気になる」し
「買って実際に体感してみたい!」となるんだと思う

この本を読む人は十中八九、
ゆるりまいさんのようなおうちに暮らし、
生活をしたいと思っていると思うので
もう少しそちらを体感させて欲しかったなあ~と

sclo.hatenablog.com

ゆるりさんを知ったこちらのブログでも
「3冊目が一番おすすめ。」と書かれていて
且つタイトルが「暮らしかた」なので

ゆるりまいさんの暮らし方、
なんにもない部屋でよかったこと、
片付けたらこんな生活ができる!という提示があり

「これを体感したいから片付けたい!」

になるんじゃないかなーと

正直、この本はイラストエッセイなので正しいかもなのですが

よかったのは
・片付けに反対していた家族の変化
・片付けに対する家族の反応
・Q&A

・片付けに反対していた家族の変化

私も家族が片付けられない人だったので
片付けたい、というか捨てたいゆるりまいさんVS
捨てるのに抵抗のある家族

というのに共感しました

「部屋が散らかっていて人が呼べないコンプレックス」
というのは本当に存在するし
これを自分の子どもとかに伝えたくないね・・・

・片付けに対する家族の反応
旦那さんが「我が家が一番落ち着く」と言われていて
こんなに「ものがない空間」ってお店にすらないと思うので
(お店は片付いていて趣味のいいインテリアだろうけど)
替えがないものだよなー と思う

お母さんの災害時に必要なモノを持ち出して
「本当に必要なモノってこれだけなのね」
というのも印象的

あと災害時に必要なモノがすぐに出てこない描写に
ものすごくイライラして
災害時とか余裕のないときに
モノがすぐ出てこないことのストレスってすごいよね・・・

片付けのポイントは
「ものを探す時間がなくなること」
なのかもしれない

・Q&A
ゆるりまいさんが一人暮らしするとしたら?
が楽しかったです

他の質問もゆるりまいさんの生活が垣間見えてよかった










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください