プレゼントを貰ったら大げさに喜ぶべき理由3つ




理由その1
プレゼントをした相手が欲しいものは
ガチであなたの笑顔だから

理由その2
プレゼントされて喜ぶ姿を見せて相手を喜ばせることは
プレゼントされたあなたにしか出来ないことだから

理由その3
プレゼントのためにその人が働いてくれているから

喜びを表現するやり方

 

・「喜んでます!」を伝える
└笑顔
└「うれしい!」「好き!」「ありがとう!」
└LINEなら絵文字モリモリなど明らかに喜んでる文章

正直「いらないなあ・・・」っプレゼントなこともある
下手に喜ぶと、また同じようなのくれるんじゃないか
本当にうれしいけど「ありがとう!」と言ったあとに何言えばいいの?

って声があると思うのですが
プレゼントって多少なりともお金掛かってて
大体恋人以外だと1000円~3000円くらいかと思うんですが

その人が自分のために、
たとえば1時間労働してくれたと考えると
自然に感謝の念が沸き起こるきがします
プレゼント選ぶ時間を含めたらもっとですよね

・レポートする
SNSにアップ
└使っている様子、食べている様子の写真をLINEで送る

ちなみに私の友人のモテ子はプレゼントあげたら
女の私相手でも、ほぼすべてやってきます

SNSにアップして、第三者が「自慢!」って思うことを気にするより、
プレゼントをした相手を報う方を優先した方がいいんじゃないかな

・お返しのプレゼントは悪くないけど
お返しにお菓子や手紙をくれたら嬉しいのは
「そんなことやろうと思うほど嬉しかったんだ」
という形を示してるだけで、
言葉や態度で示せるならそれでいいんじゃないかなと

なんとなく「これで相殺ね!」感もあって
あまりかわいげがないし
スキルにあまり自信ない人はやるといいかもしれないです

プレゼントをされて喜ぶのは義務じゃなくサービス

 

モテテクとかで「大げさに喜ぼう!」とかあるんですけど
「大げさに喜んで好感度を得よう!」
「大げさに喜んでまたプレゼントしてもらおう!」
というような自分の得を考えてやるのってつまらないし、
「自分のためにやること」ってあまり熱が入りません

でも、「大げさに喜ぶ」というのは
「プレゼントしてこちらが喜んでるよりも
相手を喜ばせてやるぜ!!」
という気持ちでやるとwin-win-winになるんじゃないかと

プレゼントを贈る、という素敵な気持ちを、
そのままにしておくのか
何倍にも膨らますかは、貰った人の態度次第

私の体験談

 

この間、大好きな女の子の友人にプレゼントを上げて
LINEでお礼言われたんですけど、なんか物足りなくて

これか!って笑

私の上げたものはLUSHの入浴剤で

ザ・プレゼント
定番
趣味を知らない人にあげるやつ

って感じなのが悪いと思うんですけど

ピンクの包装布が
「彼女らしいな、、、」
とか考えて選んでんですよ
手紙付けたり

プレゼントのセレクトやセンス、
彼女のことを考えたよ!って伝えられなかった自分の力は棚に上げて言うと

君のことを考えて選んだの、伝わってる?
という気持ち

これなら、わあ!って喜んでくれるかも、、、
って考えながら選んだんですよね
キモオタだ

じゃあどうしたら良かったのか

SNSで彼女が、プレゼントを並べて写メ上げてたんですけど
個別に撮って、その良さを言ってくれたら良かったなって(ワガママ〜〜)

・とびっきりの笑顔を見せて欲しかった
・喜んでるLINE文を送って欲しかった、遠慮なく絵文字使いまくってるやつ

ほんっと我ながらキモイんですけど
もー本当嘘でもいいから、

えー!?用意してくれたの!?
好き!!

って言ってくれたら、プレゼントが報われまくっちゃうなって

プレゼントをする側は、少なからず、時間やお金を使っていて、
喜んでくれるかな、これで大丈夫かな、って不安を抱えている
それも全て、相手を喜ばせたいがため

だからお返しするなら
「私、喜んでます!!!!」
ということの説明がベストなんだと思う










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください