ドラマSUITSの日本版と海外版を見比べてみた




ドラマ・SUITSを観たけど、あんまりで
海外版のSUITSはどうなんだろーと思って

観たらやっぱり面白いのな!!!!
(プライムビデオで観れます)

違うな~と思ったところ3点

①みんな、ちゃんと「出来る」人に見える

日本版
・主人公
「記憶力がいい」だけに見える
その他の魅力は、あまり感じない

・上司
織田裕二演じる敏腕弁護士が
「出来る」ように見えるのって
「お金持ちの家に住んでる」だけ

・秘書
中村アンなのだけど
くせ者の弁護士をあしらうには若すぎる

・パラリーガルの子
「気の強い女の子」というより
ただのヒステリーっぽい女の子に見える
「気が強くなきゃ弁護士先生とはやっていけませんから」
ってセリフで言わせてたけど、
出来れば演技とか雰囲気で分からせてほしい

あと可愛すぎる気もする
「男性で仕事に張り合うぞ!」という人がするファッションかな?
というのも気になった

海外版
・主人公
記憶力がいいのはわりとオマケで
上司顔負けのハッタリがきいて
頭がいいんだなと感じる
(このハッタリネタが削られてて
面白さが減っていた気もする)

自分から仕事を掴みに行っている所がいいし
悪事をするときの迷いも感じる

・上司
はじめ断られた女性のナンパに成功する=モテる
スーツの着こなしがモテる男っぽい
ジョークが面白い

・秘書
女優さん名前知らないけど
偉そうすぎず頑な過ぎず良い
観てて「この2人は信頼し合ってるな」
というのが、わかるのが楽しい
職場系ドラマでは人間関係の微妙な距離感が
楽しいと思うんだ

・パラリーガルの子
気が強くて、主人公が「惚れた」というのもわかる
頭が良くて仕事が出来るのだなと感じる
申し訳ないけど美人過ぎないのがいい
ファッションもシンプルだけど
くびれを強調(海外では「自己管理が出来ている」
とスタイルの良さをアピールするらしい)

②全体的にオシャレ
これはもう予算とかスケールとか仕方ないけど
冴えない男の子がザ・ビジネス街にくるとか
わくわく感とかが違う

③「SUITS」の意味
日本版
ジャニーズのイケメンが着てるし
そんなにダサく見えない
(なんなら織田裕二のが野暮っぽく感じる)

海外版
主人公の男の子はダサい
これから成長していって
いつかカッコよく着こなす日が来るんだろうな…
と期待させてくれる
(相棒の上司は「ポン引きっぽい」と言われる
日本人の私から見ても、軟派な感じがわかる)

あと、話の展開を日本版にアレンジしたところが
辻褄が合わないな、ってところも気になった
ジョークもすごい違和感あったし…
(日本でアメリカンジョークを言うと
「面白い人」じゃなくて「アメリカかぶれ」
「キザ」になるから、普通に魅力のあるキャラでよかったのでは)

日本のドラマのSUITSは続投するか迷うけど
海外版のSUITSは続きが観たい!

Amazonプライムで観れます
初回は1ヶ月無料なので、ぜひ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください