「楽しいことをすれば仕事になる」と「誰かを楽しませるのが仕事」は両方正しい




「楽しいことをすれば仕事になる」と
「仕事にするためには誰かを楽しませなければならない」
がごっちゃになっていましたが
自分の中で少し整理できたような気がするので書いておきます

結論から言うと

「楽しいことをすれば仕事になる」
という方法は誰でもチャレンジ出来るだけで
楽しいことをする=仕事になる
ではない

可能性も100%ではない
楽しいことをすれば仕事になる(かもね)くらい

楽しいことを仕事にしよう
とごっちゃにしてはいけない

楽しいと思うことを仕事にしよう
は概ね正しいと思うけど
・何を楽しいと思うのかを見極める
(etc本を読むのが楽しいのか、書くのが楽しいのか)
・今の時代で、それをどうお金に変換するか
・人を楽しませるレベルであるか
ということも合わせて考えなければならない

仕事にするためには誰かを楽しませなければならない

ブログをマネタイズしたいと考え始めた時に
「これ、私が楽しいだけじゃん。それでいいのか?」
と、ふと思った

ブログを書くことは楽しい
だけど、書いた後に「楽しかった~」
「今日も1日1記事書けてエライ~」

マネタイズしたいなら
これで終わってちゃダメなんじゃないか

このブログは
「楽しいでどこまで行けるか」が
テーマだったりするので
それでもいいのだけど

目的が「お金を稼ぎたい」であるなら
誰かを楽しませなければならない

誰かを楽しませる=自分が我慢する
でもないし

世の中には
自分が楽しむ=他人も楽しめる
というレベルに生まれながら達している人や
(芸能人のブログなど)

自分が楽しむ=他人も楽しめる
ことが「職業」として存在している人もいる
(教えることが好きな人=教師 など)

そんな幸福な人もいる

つまり、

楽しいことを仕事にするには
誰かを楽しませるレベルにいかなくていけない

でも楽しいことだから
そのレベルにいくまでも楽しめるでしょ

ということなのかな~と思う

ただ、誰かを楽しませるレベルでいくことは
「自分がこうすると楽しい」より
「お金に変換するなら」という視点でも
進んでいかなくてはならない

本当に仕事にしたいなら、
自己満足で終わったら駄目だ










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください