自己投資について考える




サウザーさんのvoicyで
「いい自己投資ってなんですか?」
という質問があり、自分なりに少し考えてみた

サウザーさんのvoicyはこちら
バッサリ切っておられるよ笑

「自分に格納できるもの」に金と時間をかけること

いい自己投資は
「自分に格納できるもの」の取得に
お金と時間をかけること
じゃないかと思う

自分に格納できる、というのは
自分の内側にある、ということ

自己投資の代表である英会話、読書も

Exsample
英会話…英語の知識、聞く/話す/書く技術

読書…書かれている知識、疑似体験

いずれも格納できるものだ

ロボットにインストールさせているようなイメージ

いわゆる「身になること」

旅行なども、いい自己投資とされる

これも結局、自分の中にある経験や
思い出というもので、やはりこれも格納できる

でも、読書がいい自己投資だからといって
読めばいいというものではない

投資は出口を考えるのが基本

投資は出口を考えるのが基本
と投資漫画、インベスターZで
書いてあったのだけど

勉強や経験作りも
「どう活用するか」
を考えた方がいいと思う

英語を勉強しても
転職もせず海外にも行かず
道に迷っている外国人を助けないのであれば
ただの趣味になってしまう

読書だって、きちんと理解する
自分の頭に、考え方に取り入れられる
そうしないと投資とは言えない

消費・浪費・投資 のどれか

お金も時間も、使ったものは
消費・浪費・投資のどれか
考えるクセをつけるといいと思う

created by Rinker
¥783 (2018/11/17 08:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらの本では

自分の使ったお金は
消費・浪費・投資のどれか?

出来るだけ投資の割合を増やそう

と書かれている

時間については
こちらの本に書かれていた

こちらもほぼ同じで、時間を何に使ったか?
出来るだけ有意義に使っている割合を増やそう
と書かれている

やりたいことは全部自己投資か?

そう考えると
やりたいことは全部自己投資になる

「やりたいことをやってみた」
というのは経験で
万人にいえるものだ

人はみんなやりたいことが
なりたいものが違う

だから、人に聞かずに
自分の理想に近づくために
すべきことをするべきだ

やりたいことだけど自己投資でないこと

私のやりたいことだけど
「自己投資・・・?」となるのは
漫画を読むことやドラマを観ることだ

感性を養っているといえば聞こえはいいけど
正直、ストレス解消の意味合いの方が強い

だからと言って絶対やめられないので
ブログネタにするなり
投資の要素を入れていきたいと思う私であった・・・










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください