金持ち父さん貧乏父さん‐資産と負債の違い【図解】




サウザーさんのラジオを聴いて
「金持ち父さん 貧乏父さん」を
読み返してみた

ら、

内容がめちゃくちゃ入ってきた…
死ぬほどわかりやすかった

金持ち父さん貧乏父さんを読もうとしている人は
サウザーラジオを聴いてから読むと
とても頭に入ってきやすいと思います

ブラウザ、アプリで無料で聴けるので、
気になる人は試しにどうぞ

サウザーラジオ

そんで、サウザーラジオを聴いてる人にも
金持ち父さん貧乏父さんは

  • 資産、負債の図など
    音だけではわかりにくい部分がわかる
  • 自分の理解の確かめ算が出来る

    ので、オススメです
created by Rinker
¥3,000 (2018/12/19 19:46:08時点 Amazon調べ-詳細)
私は読んでないので
どっちがいいかわかんないですが
現代に即した内容にしたという改訂版はこちら

資産と負債の違い

これだけは!わかってほしい!のが
資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく

具体的にいうと

  1. 自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス
  2. 債券
  3. 投資信託
  4. 収入を生む不動産
  5. 手形、借用証書
  6. 音楽、書籍などの著作権、特許権
  7. その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など

つまりは
自分が働かなくても継続的な収入を生むもの

資産家とその他のお金の流れ

貧乏な人のお金の流れ

  • 仕事(給料)→収入→支出
  • 資産もないが、負債もまだない

お金持ちのお金の流れ

  • 仕事(給料)資産→収入→支出
  • 仕事(給料)資産→資産(再投資)
なぜ収入の枠が大きいかというと
資産があるから

 

なぜ支出が少ないかというと
経費で節約できるから

 

なぜ負債が少ないのかというと
何が負債かを知り
避けることが出来るから

 

この流れを目指したい…

 

中流の人のお金の流れ

  • 仕事(給料)→収入→支出
  • 資産がない
  • 負債がある
なぜ収入と支出の枠が同じなのか
なぜ負債があるのか
資産と負債の違いがわかっていないから
仲間外れを恐れ、お金を使ってしまうから

 

なぜ資産がないか
お金の勉強をしていないから
自分のビジネスがないから

 

一般的に堅実な人のお金の流れ

中流の人はお金も稼ぐけど
負債も追いがち!
と書いたけど
実際は稼ぐし貯金大好き
みたいな人が多いと思う
  • 仕事(給料)→収入→支出
  • 資産はあるが貯蓄
  • 負債がない
なぜ収入の欄が大きく
支出の欄が小さいのか
堅実だから

 

貯金しているし働いてるしで偉いけど
金の勉強をしていないのは
もったいないし危機管理も薄いし
将来のことを真剣には考えていないと思う

金持ち父さん貧乏父さんのうさんくささ

ここまで書いておいて
オススメしておいて何ですけど
この本、うさんくさい代表ですよね…

私はこの本はオススメだけど
著者までは信用していません

というのも、なぜか
はじめの表紙は可愛いのに
どんどんどす黒くなってるんですよね…
はじめ
created by Rinker
¥3,000 (2018/12/19 19:46:09時点 Amazon調べ-詳細)
改訂版
続編たち


何があったんだよ

デザインで判断するなよ!
と思われるかもしれませんが
デザインにはその人が
「どう見られたいか」が出るし
「どんな人と仕事しているか」も
わかるので私は指標のひとつにしています

でも、もし「騙くらかそう!」と考えていても
前のデザインの方がいいと思うので
ただただ謎

「金持ち父さん貧乏父さん 勧誘」

そして、金持ち父さん貧乏父さんと打つと
サジェストされる「勧誘」の文字

私も実は勧誘系の人に
「これ貸すから読んでみて」
と言われたことがあります
(その時は勧誘だ!とわかった時点で
捨てた笑)

多分文章内に
「お金について学びたければ
合法的なマルチ商法をしている
会社に入ることをオススメする」

と書いてあるからかな

ねずみ講のようなマルチ商法は
合法なのでしょうけど
この時代と現代は大きく違うし
(改訂版は現代に合わせているらしいので

このあたりがどうなってるか気になる)

何よりマルチ商法でお金持ちになった!
という話より
マルチ商法で金も友も失った
という話の方が多いし

私は自分も周囲も幸せな仕事がしたいので
(でないと続けられなしいし)
マルチ商法はやらないし
誰にも勧めたくないです

私に勧めるのもマジ勘弁願います

この本を読んでわかること

でも、本自体はオススメです
私がこの本の中で万民が知るべき
と思うことは
・お金について勉強すべき
・資産と負債の違いを知るべき
です
読めば特に「資産と負債の違い」がわかり
節約にも貯蓄にも役立つ知識が得られると思います

この本を読んで、私はどうするか

会計の勉強をする

お金の勉強をしよう、と
お金関係の本を読みましたが
もう少し会計よりのことを学びます

以下の意味がわかるようになるのが目標

・損益計算書
・貸借対照表
・財務諸表
・四季報(読み方)

こういうのほんっっっと苦手
全然得意じゃないけど

数学がニガテーとか
女子だから数字弱いーとか
文系だからーとか
社長になりたいわけじゃないしーとか

そういうのを言い訳に
怠けるのはやめようと思う

あと、こんなの絶対誰かが易しく
教えてくれているはずで

理解しようとするか
ダラけるか

その違いしかないと思う

自分への支払いを最初にするチャレンジ

「自分への支払いを最初にする」

これはどういうことかというと

収入が入ったら、不動産、株など
資産の支払いをまずする
→それから、税金や光熱費を払う

税金や光熱費は払わなければ
督促がくるわけで

そこで「どうしたら払えるか」考える
というもの

コレめっちゃ怖くない?

でもこの程度の恐怖を乗り越えて
数字はただの数字、お金は幻想
ということがハラオチしていないと
会社経営も難しいとも思う

ただ、今私が買える資産は
積み立てNISAくらいで

それよりは商品に投資するためにも
最低限の貯蓄をするためにも
お金を貯めた方がいい気がしています

商品を作りながら資産を調べ、
買うために貯蓄します

お金を使う時は資産か?負債か?考える

今までは、消費、投資、浪費のどれか、
を考えていましたが
それだと「投資」が資産になるか
微妙なんですよね…
たとえば習い事とか

投資をするなら、それが資産になる道筋を
考えてから投資します
金持ち父さん貧乏父さんまとめ
忘れたくないなというメモはこちらにまとめました
でもまあ読んだ方がいいと思います
中古で1円だし…
created by Rinker
¥3,000 (2018/12/19 19:46:11時点 Amazon調べ-詳細)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください