読書が最高な理由




今年の「買ってよかったもの」を
思い返していたのですが

「買ってはないけど最高だな」
と思うものは今年した読書だな~
と思いました

そのくらい、今年もいい本に出会え
本との思い出がたくさんある

「読書がしたいけど出来ない」
という人のモチベーションアップに

「わかる!私も読書が好き!」
と共感いただければ幸い

Prime Readingは図書館

kindle Unlimitedで読んだ本は
購入履歴に残らないので
読んだ本をすべて
覚えていないのですがそれもよかった

kindle Unlimited 12月11日まで99円キャンペーン中です

複数読めば元も取れます
99円の価値はあります
(2ヶ月後にアラームかけておくのがおすすめ)

あと実はAmazon Primeに入っていたら
Prime Readingがあって
これも意外と話題の本も
読めちゃうんですよね・・・

私はhuluもNETFLIXも入ってないのですが
Amazon Primeなら動画も本も読めるし
送料も浮くので、かなり満足しています

Amazon Primeに興味がある方はこちら

 

読書が出来ることはとてもお得

「本を読んでる」とたまに
「頭いい」とか「カッコイイ」とか
「勉強しててエライ」と褒められます

「お風呂の中で読んでる」というと
「おしゃれ・・・」といわれたこともある

けど

読書って

ただの趣味ですから~!!

って感じ

私はビジネス書も読むけど
本を読んだから能力が向上するわけでもなく

ビジネス書も、小説も
正直娯楽です

フィクションもノンフィクションも楽しい
面白い人から話を聞いているみたいだし
文でしか出来ない表現に出会うと
くらくらするくらい、うれしい

ちなみにお風呂で読むと
血行がよくなり記憶力が向上するので
勉強はお風呂中がいいみたいですよ

この情報は確かこちらで読んだ(違うかも)

 

学ぶための読書

ただ、読書が慣れているといいことって
「学びたい」と本を読んだときに
読解力があるからわかりやすかったり

何より「勉強」「教科書」に対して
苦手感がないのがオトクだなと思います

あと、良書を選ぶスキルもつく
読めば読むほど、読むのが速くなる

私は速読はできないけど
「ここが重要だ」
「ここは他の人はあまり言及してない」
というピックアップが出来るため
本を読むのも速いです

でも、ちょっとした一言が
本質をついていたり、
自分にしっくりくる言い方だったりして
全部見逃したくなくて
結局最初から最後まで読んでしまうんですけども

読むのが速くなると
取り込める知識量も多くなる

「私はなにか新しく学びたいことがあったら
それについての本を買うんだ~本から入る」
という友人がいて
「なるほどな」と思ったので
それを真似しているのですが

こういう時、本を読めない人は
お金も時間もかかるだろうな
と思います

哲学を学ぶにも本が一番で
スポーツとか
「本は関係ないじゃん」
と思われるかもしれないけど

スポーツでもメンタルはとても重要で
それを知るには本はとても効率がいい
と感じます

今読んでるけどゲーマーの梅原さんの
仕事論もすごい…

 

本の数だけ友だちがいる

林修先生の本だったか
「なれ合いの飲み会に行くより
本を買って喫茶店で読め」
というような言葉があって

これも「なるほど」と思った私は
悩んだときに友だちに話を聞いてもらうのでなく
「助けてくれ~」と本屋に行き
「この人だったら今の私の悩みに
いい答えをくれるかも」という
本を買って一人で喫茶店へ行っていました

本は1冊1500円程度で
飲みに行くより安いので
コスパがいいと思います

読んだ林さんの本はこれかこれ

created by Rinker
¥1,980 (2018/12/19 23:45:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,298 (2018/12/19 23:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

客観的にものごとが見れる

高校生の文化祭の時だったか
「読書のよいところ」みたいな
スピーチを読んだ男の子がいて

その中で
「登場人物が考えていることと
自分が考えていることが同じだったり
『他人も自分と同じような悩みがあるんだ』
と思えた」

というようなことをいっていて
めちゃくちゃ納得したことがある

最近友だちと話していて
私はわりと人といい距離感を
保てる方だと感じたけど

これの根っこには
「私は自分の人生の主人公だけど
他人も人生の主人公だから

川に溺れたら誰しも自分を
助けることを優先するし

おいしいところが食べられるなら
こっそり食べてもしかたない」
という価値観があるためな気がしている

小野不由美さんの十二国記のあとがきでは
戦争の描写について
「今作も人がばたばたと死んでいますね
私はその人たちの人生を描けないけど
その人それぞれに人生がある」
と書かれていて

自分が主人公で、他人も主人公
ということを認めるのに
読書は役に立つと思う

 

まとめ

もし子どもが出来たら
好きなことをやらせたいけど
読書と日記の習慣だけは
与えてあげたいと思う

日記についてもまた書きます










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください