映画「アリータ バトル・エンジェル 」感想

Featured Video Play Icon




面白かったし、めちゃくちゃ好みでした、、、!!

何が好みかというと、

SFの美術背景やファッションが!

「あ~この背景カッコいいな、もっと観たい」となって「2回目もありかも」って思った

ファッション

女性のファッションも好きで

セクシー赤ずきんみたいな服とか

チリンのファッションとかが

当たり前だけどSFナイズドされてて良き、、、

となりました

ヴィクターのファッションもよかったし

ヒューゴの仲間の女の子の三つ編みも可愛い!

あと、日本を意識してるからだろうけど、

海外の俳優も日本人ぽい顔の雰囲気で、

みんな可愛いーーー美人ーーーカッコいーー

ってなった

まず、私はアリータの顔とか髪型がタイプだし、ヒューゴの顔も「ザ・普通の男子」で、好き

アクション

アリータのアクションは超人的なんだけど

いい意味で女性らしさや、女性への遠慮、媚びがなくて気持ちよかった

戦闘シーン

勝った理由がわからない戦闘シーンとか、

ただ爆音だけの戦闘シーンとか、

精神的に勝ちました!みたいなアクション戦闘シーンが苦手なんだけど

アリータは殺され方というか、ぶっ壊され方がわかりやすくてとても好きでした

大体敵がサイボーグで生身の人でないのも、観やすかったです

(サイボーグ人権愛護団体に怒られそうな感想)

ヒューゴのパルクール

パルクール大好きなので、映画の中で観れてうれしい。真似したい!

ということで大満足の内容でした

原作も読みたいので銃夢読もうと思います










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です