【感想】不謹慎とか言うけど俺は兄の自殺について割と語りたい




不謹慎とか言うけど俺は兄の自殺について割と語りたい不謹慎とか言うけど俺は兄の自殺について割と語りたい

電子版で読ませていただきました。
発売前から気になっていた同人誌。
読んで落ち込むことも、感動ポルノもなくて良かった。
他の方も言っていたけど、自分と亡くなられた方と似てて
「気をつけんとヤバイな」って思った。

書かれていたひさめさんの「悲しい」「辛い」は
強調されていなくて、ただただ「あなたがいなくなって寂しい」空気があった。

私も死んでしまったら周りにこういう思いをさせるんだな、と思えたので
不謹慎かもだけど、自殺の抑制にもなる本だと思う。

承認欲求について書かれていたのも興味深かった。
承認欲求が強い人を、自意識過剰と馬鹿にする風潮があるけど、
この現代で承認欲求が弱い人なんているんだろうか。いるか。
(我が姉を思い出す)(自分が強いから、他の人があんまりわからない)

何かを作っている人や、発信してる人は
大抵承認欲求が強い。

でもそれって特段悪くはないと思う。
犯罪じゃないし。ちょっとウザいだけでしょ。
周りから「痛い」と笑われる程度でしょ。

承認欲求が強いことは、全然悪くない。
けど、それで死んじゃあ意味ないよ。

承認欲求が強い人が、
適切に承認欲求を満たす何かを
持てるといいと思う。

電子書籍ならDMMが20%OFFで一番安いかも(440円)

メロンブックス 電子書籍(550円)

とらのあな 紙の本(715円) 在庫わずかみたい

メロンブックス 紙の本(785円) 在庫あり

(在庫は2019/11/27 時点)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です